【自己肯定感爆増】最強速読法!積読、読書メモ、速読術不要の読書革命!

@ゴリラ日報

いまさら、本を早く読む方法ではありません!自分を変える自己肯定感アップの最強読書法です!

今回の記事は誰の役に立つ?
  •  読みたい本が、机周りとKindleに何十冊とある
  •  読まなければ!と買った本が、机周りとKindleに何十冊とある
  •  速読にも興味を持った、読書ノートやSNSに読後の発信もした。けど続いたことがない…

この記事を書いている@ゴリラは、元一部上場コンサル社員歴16年。北海道から九州まで、数千人の経営者やビジネスリーダーに対してプレゼン&コンサルを繰り返す日々を過ごす。5億円以上を売上。2022年約24年間の会社員生活を卒業し@ゴリラとして個人で活動を開始。講師、営業、経営者、ビジネスリーダーに向け、プレゼン、パワポ、ビジネスマインドなどをオンライン専門で伝授し続けている。【特徴】シャイ、人見知り、毒舌

本記事の執筆者
@ゴリラ日報

「 本を読むことが目的になってしまった 」なんて経験は、読書家の最大あるあるです。特に、真面目な人ほど「 せっかく買ったから 」という主語を最大限尊重して、流し読みや飛ばし読みができません。し、なんなら、何度も何度も繰り返し読んで「 これで、十分、買っただけの元は取れたやろ… 」と、言い聞かせる始末。あ、はい、私のことです。と、そんな私が、読書という「 手段 」と行動するという「 目的 」を、最強に仲良くさせる方法を提案します。ついでに、自己肯定感が激増する副次効果があります。

プレゼンで人生が変わる!伝わらないってストレス!伝わるって最高やん!

本記事の内容 【自己肯定感爆増】最強速読法!積読、読書メモ、速読術不要の読書革命!
  •  プロジェクト名「 One action reading 」
目次

プロジェクト名「 One action reading 」

読書の目的と手段がいったりきたりするのは永遠の課題です。で、今までは「 読書の方法 」を変えようとチャレンジして失敗してきたわけです。速読、飛ばし読み、斜め読み、読書ノートを作る、などなど。

「 読書の方法 」を変えるのではなく「 読書の目的 」を変える。

そう、もっと早くに気づけばよかったんです。
そもそも、読書の目的は「 解決策を得る 」です。副業の始め方、Webマーケティングの方法、分かりやすい説明の方法など、何か自分が困ったこと、や達成したいことの解決策を得たいわけです。それが、いつの間にか「 読書の方法 」に悩みが移ってしまっているわけです。

それを解決するのが、この「 One action reading 」! ※造語です。

方法は、超~簡単、以下の通り。

1.読み始める前に「 この本からやりたいと思える行動を発見する 」と脳に指示を出す!
2.自分がやりたい!と思える箇所に出会ったら読書終了(←その本は、これで読了)
3.スプレッドシートに「 行動したいこと 」を書き出し、終了

仮に「 はじめに 」とか「 第一章 」で、自分がやりたい!と思う箇所に出会ったら、そこで読書は終了!この本の役目は終わりです。本を読み切るのではなく「 やりたいと思う行動を本から発見する 」に目的を変えるんです!ので、その目的が達成されたら、それで終了!

で、大切なルールは以下の通り。

1.have to で選ばない
2.ときめき、やりたい、wantsで選ぶ

ここでので敵は「 この後に、もっと良いことが書いてあるのでは? 」という、もったいないお化け。ここで、何度も目的に戻れるか?

1.100冊の本を読み切ったという未来
2.100個の「 ときめくアクション 」を発見した(行動した)という未来

どっちの未来を選択するか?は、あなた次第!

当たり前ですが、未来を変えるのは読書数ではなく、行動数。
ここにめちゃくちゃフォーカスした、超本質最強読書法。
それが「 One action reading 」※造語

「 もったいないお化け 」を撃退して、この「 選択をし続けた未来 」は自己肯定感が、爆あがりしていること間違いありません!

偉そうに書いている私、は「 もったい教 」の教祖です。

あわせて読みたい
@ゴリラのWORK | Masterclass 生産性2倍、コスト1/2win↔winコミュニケーションで、時間が創造される喜びを 【】 経営者の想いを最大限伝えるスピーチ力をマスター慕われる応援される感謝されるトップ...
あわせて読みたい
PROFILE @ゴリラ|ワクワク思考解放コーチ 魂が喜ぶ生き方 Q:いつまで自分のワクワクを無視して、周りに合わせた生き方をしますか? 「 枠 」に囚われて生きてきたことを知った「 枠 」は「 人の役に立つ個...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次