サッカーW杯の解説で大人気!本田圭佑さんから学ぶプレゼンのコツ。

@ゴリラ日報

本田さんの解説の何が面白いのか?を因数分解してこそ、我々の学びになりますよね。

今回の記事は誰の役に立つ?
  •  プレゼンのコツを知りたい
  •  スピーチのコツを知りたい
  •  本田圭佑さんの解説は、他のサッカー解説者と何が違っていたのか?

この記事を書いている@ゴリラは、元一部上場コンサル社員歴16年。北海道から九州まで、数千人の経営者やビジネスリーダーに対してプレゼン&コンサルを繰り返す日々を過ごす。5億円以上を売上。2022年約24年間の会社員生活を卒業し@ゴリラとして個人で活動を開始。講師、営業、経営者、ビジネスリーダーに向け、プレゼン、パワポ、ビジネスマインドなどをオンライン専門で伝授し続けている。【特徴】シャイ、人見知り、毒舌

本記事の執筆者
@ゴリラ

私はサッカー経験者です。小学校から高校まで部活でサッカーをやってきたので、一般視聴者よりもサッカーに詳しいです。かつ、プレゼンのプロです。サッカーに詳しく、かつ、プレゼンのプロの私が、サッカーW杯で大人気となった「 本田圭佑さんの解説がなぜ面白いのか? 」「 それを、プレゼンの観点から切り取ると、何を学ぶべきなのか? 」を、短く、簡単に、解説します!

目次

本田圭佑さんの解説は、ここが違う!をスッキリ解説!

結論から言うと「 主語 」です。主語が違います。これが、圧倒的な人気を生み出した、本田圭佑さんと他の解説者との違いです。

本田さんは、あくまでも「 主語自分 」で、常に自分の意見をしゃべり続けています。で、他の解説者は、主語が「 見ている映像 」です。視聴者がTV画面越しに見ている映像をしゃべっています。この違いにより、同じサッカー解説でも、全く情報が視聴者に届いているんですね。今回のW杯での本田さんの活躍により、他の解説者の解説をどうしても「 比べて 」聞いてしまいました。やはり、聞いてられませんでした涙。特にサッカー経験者なら「 試合見ていたら分かることばかり解説する 」から、逆に、解説が邪魔に感じるほどでしたからね。(サッカー未経験者には良いのかも知れません。どうなんでしょう?)

では、本田さんは「 主語自分 」で何をしゃべっていたのか?です。大きく3種類です。
❶ 頭の中の「 理想 」
❷ 未来予想(ゲーム展開予想)
❸ 俺が監督なら&俺が選手なら

❶ 本田さんの頭の中の「 理想 」
 「 三笘さんのサポートしたらアカンねん! 」「 離れろ離れろ! 」「 タケは右で使いたいですね 」
❷ 未来予想(ゲーム展開予想)
 「 ドイツの今日のこの感じやと、後半バテるんで、両サイドチャンスですね 」「 左バックが穴やから、あそこから攻めたらえぇねん 」※もう少し大きな戦略展開を話されてたけど笑
❸ 俺が監督なら&俺が選手なら
 「 俺が監督なら、どーするかなぁ、、、 」「 選手の意見として言うと、ここは変えて欲しくないですよ 」

本田さんの解説は、こんな「 視点 」から、常に自分主語で自分の意見をしゃべり続けていたわけですね。ただただ自分主語でしゃべれば面白くなるか?ということでもありません。「 視点 」も大事なんですね。そのことで、視聴者が「 なるほどー 」「 へぇー 」「 わぁその通りになった! 」と色んな視点で楽しめたわけです。他の解説者は「 今、目の前で起きていることをしゃべっているだけ 」なので、特に、解説者自身の意見も視点もありません。大事な局面ではVTRが流れるから、実際には解説すら不要です。

まさに、プレゼンで真似しなければならないのは、この「 主語自分 」です。ワクワクするプレゼンというのは「 自分主語 」で「 想い 」が語られます。かつ「 理想 」「 未来予想 」「 俺なら 」という視点が入っています。逆に、なんか響いてこないな、というプレゼンは「 で、あなたはどう思うの? 」と突っ込みたくなるほど、ただただ資料を読み上げているケースがほとんどです。

そして、もうひとつ、今回、本田さんの解説が人気になった要員に「 形式に囚われていない 」ということがあります。これは、本人が意図的にやったのではないと思います。本田さん自身のキャラ、普段どおりなんだと思います。他の解説者は、いわゆる「 形式通り 」です。誰が解説者だったとしても特に、その違いを感じません。形式通りというのは、結婚式のスピーチとか、運動会のPTA会長のスピーチとか、あんな感じです。形式に囚われない型破りな解説だったことも、多くの視聴者に、良い意味で違和感を与え、感情が動いたわけですね。

まさに、プレゼンで真似しなければならないのも、この「 形式に囚われない 」です。プレゼンにおける形式の囚われというのは「 挨拶 」「 自己紹介 」「 ツカミ 」などの話す順番だったり。「 正しい日本語 」「 美しい日本語 」でプレゼンしなければ!と思っていたり、とそんなことです。形式に囚われたプレゼンは、内容がどうであれ、聞いている側としては、面白くありません。参加者はつまらなそうな表情を浮かべています。

今回、サッカーW杯という世界的なスポーツイベントで、かつ、日本代表が善戦したことも相まって、本田さんの解説が注目を浴びることとなりました。が、実は、一流のプレゼンテーターが、日常で使っているスキルだったわけですね。ので「 本田圭佑だから 」と、彼を特別視するのではなく「 誰にでも再現できるスキル 」という視点で、自分のプレゼンに取り入れてください。で、一流のプレゼンテーターを、今回の視点から、改めて観察をしてみてください。面白いほど、共通点があることに気づけるハズです。

あとは、メンタル。自分を信じるという、その一点が、本田さんを一流たらしめていることをお忘れなく。

あわせて読みたい
@ゴリラのWORK | Masterclass 生産性2倍、コスト1/2win↔winコミュニケーションで、忙しい時間に心のゆとりを 【】 経営者の想いを最大限伝えるスピーチ力をマスター慕われる応援される感謝される業績...
あわせて読みたい
PROFILE @ゴリラ|思考の奴隷解放コーチ 内向型コミュニケーションプレゼン話し方働き方生き方 あなたの悩みを、言葉で解放しますあなたの悩みは、今も親の価値観に合わせて生きているからあなたの悩みは、他人...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次