話し上手な1%のプロが使っている「 間 」の本当の意味と作り方!

@ゴリラ日報

「 間 」が、分からん人を「 間抜け 」と書くらしい。知らんけど!

今回の記事は誰の役に立つ?
  •  話し上手になりたい!
  •  話し上手な人に憧れる!
  •  話し上手な人の共通点「 間 」を上手に使えるようになりたい!
  •  と思ったことがある人が、知ったおいた方が良い切り口です。

この記事を書いている@ゴリラは、元一部上場コンサル社員歴16年。北海道から九州まで、数千人の経営者やビジネスリーダーに対してプレゼン&コンサルを繰り返す日々を過ごす。5億円以上を売上。2022年約24年間の会社員生活を卒業し@ゴリラとして個人で活動を開始。講師、営業、経営者、ビジネスリーダーに向け、プレゼン、パワポ、ビジネスマインドなどをオンライン専門で伝授し続けている。【特徴】シャイ、人見知り、毒舌

本記事の執筆者
@ゴリラ日報

話すことを仕事にしているプロの、その中の1%しか使っていません。数ある話術の中で、最重要技術が、これです。

プレゼンで人生が変わる!伝わらないってストレス!伝わるって最高やん!

本記事の内容
  •  「 間 」を意図的に作ると「 分かりやすいです 」の評価に変わる
目次

 「 間 」を意図的に作ると「 分かりやすいです 」の評価に変わる

「 間抜け 」なんですよね、分かりづらい人の話って。切れ目なくしゃべり続ける人の話って、一見、流暢で話し上手に見えます。が、実際は、聞き手のことなんて何も考えていない、自己チューな人です。自信満々の年配のオジサン、に多いです。もうひとつの典型的なパターンは「 逆に 」自分の話している内容に自信がない人がよくやります。「 沈黙が怖いから、しゃべり続ける 」というパターンです。例えば、セミナー、講演、経営相談(商談)という、どちらかというと、こちらが一方的にしゃべる、という場面があります。こういうとき、自分に自信がない人って「 間が怖いから 」一生懸命しゃべり続けます。ま、この理由自体も「 自己チュー 」なんです。が、本人は、そんな本質まで気づけていません。で、そんな自己チューな理由で話し続けている、その内容は、しょうもない内容で、相手にとっては、迷惑でしかありません。まさに「 間抜け 」な時間になっています。いずれにしても「 間 」がなく、しゃべり続けるのは、相手にとって迷惑行為で「 分かりづらい 」という評価を得ることを覚えておきましょう。

Q:そもそも「 間 」を意図的にとる理由は?

だから「 間を意図して作ってね 」ということです。が、その理由は分かりますか?これを理解せずに、とりあえず「 間 」をつくる人は、こんな評価を得ます。「 間が悪い 」「 しゃべりのテンポが悪い 」って笑!もーどーしたらえぇねんっ!と笑。手段だけを理解する人って、だいたい、この様に思考停止しています。優秀な凡人は、目的を理解した上で、手段を実施検証し続けます。

A:話し手と聞き手の理解には「 時間差 」が発生!

話し上手な人は「 理解の時間差 ≒ 間の正体 」を操れる人、です。話し上手な人は、ビジネスシーンで多く見かけます。が、理解の時間差を操っている人は、1%もいません!例えば、あなたが講師を務めるセミナーを思い浮かべてください。講師であるあなたのパワポスライドは、あなたは理解しています。が、参加している人は、そのスライドをセミナーで初めて見ます。ので、あなたが流暢にしゃべっている間、聞き手は「 スライドに書かれている内容を読んでいる 」「 スライドの内容を理解しようとしている 」「 あなたの話は、耳には届いているけど、頭には入ってきていない 」という、こんな状況になっています。話し手のあなたと聞き手には、こんなズレが生じ続けているわけです。容易に想像できますね?

「 この理解の時間差 」を解消してあげるのが「 間 」です。すると「 あなたの話は、本当に分かりやすいです 」という評価に変わります。逆に、話し上手なんだけど、理解の時間差を考えずに話し続ける人は「 あれだけ話し続けられるって、さすがにプロですね 」と、社交辞令的な評価を得ます悲。暗に嫌味を言っているんですが、本人は「 褒められた 」と理解しているので、気づいていません涙。構造は理解できましたか?話し上手になるために「 間 」があるんじゃないんですよ???

超~簡単!凡人でも「 間 」を作れる、3つの魔法の方法!

あとは、あなたが「 間を怖がらず 」に実践できるかどうか?です。が、自信がない人は「 間が怖い 」ので、なかなか実践できません。ので、誰でもできる「 簡単な間の作り方 」を3つ紹介します!特に、パワポで活用できます(応用できるので、他でも使ってください)。これ、私が使いまくっていた手法であり、新入社員にも実践してもらっていた手法です。ので成果も実証済みです!

その❶ 全ページ最上段に結論を書く
その❷ シェアタイムページを入れる
その❸ 小まとめページを入れる

実際、しゃべり始めたら、しゃべることに集中して「 間を作る 」ことを忘れちゃう人は多いものです。目的を間違ってるけど、仕方ありません。そんな場合でも「 パワポに 」書いておけば、忘れません!

その❶ 全ページ最上段に結論を書く

パワポには、文字、表、数字、写真など、色んな情報があります。ので、聞く側は、パッとページを見たときに、そのページに何が書かれているのか、分かりません。ので、とにかく、目に写った情報を理解しようと目と頭が動き続けます。ので「 全ページ 」「 結論が最上段 」という「 フォーマット化 」してください。間違ってはいけません。そのページの目次ではなく「 結論 」です。これをフォーマット化することで、伝え忘れる、という人的ミスがなくなります。90%以上の人は、結論を最後に持ってきます。そもそも毎ページに結論を書いている人は皆無です。これを実践するだけで、一気に「 理解の時間差 」が、解消されます。

(✕) 全ページの最上段に目次
(○) 全ページの最上段に結論

その❷ シェアタイムページを入れる

プロは「 では、ここまでを隣の人とシェアしてください 」と、理解の時間差を解消するトークが展開できます。が、ほとんどの人は、余裕がないので忘れます。ので「 パワポの本文に 」「 ここで、シェアタイム 」というページを作っておくのです。言い忘れるという人的ミスがなくなります。これで、一気に「 理解の時間差 」が、解消されます。簡単ですね。

その❸ 小まとめページを入れる

概ね「 まとめ 」は、最後にあります。60分とか90分とか、一番最後に「 本日のまとめ 」として。仮に、その60分とか90分間ので「 理解の時間差 」が生まれ続けていたらどうでしょう?そのまとめは、役に立ちません。途中からずーっと理解できていない人にとっては、地獄です。ので「 パワポの本文に 」「 ここまでのまとめ 」というページを作っておくのです。言い忘れるという人的ミスがなくなります。これで、一気に「 理解の時間差 」が、解消されます。簡単ですね。各章でも良いです。し、話が変わるタイミングでも良いです。これも手段。目的は、話し手と聞き手の理解の差が解消されれば良いわけです。

これができれば、あなたもプロ!プロ御用達「 間 」を作る、3つの熟練技!

ここからはおまけ。応用編。パワポに頼らず、これが使える様になれば、あなたはプロ中のプロスピーカーです。それだけ、相手視点、目的視点で行動しているということです。ぜひ、チャレンジしてください!

その❶ 読み方を解説する
その❷ 伝わってる?とストレートに聞く
その❸ 間違った理解のパターンを説明する

その❶ 読み方を解説する

まず、大事なのことは、パワポで次のページが写った瞬間にしゃべりらないことです。毎ページ、少し間を置きます。1秒とか2秒とか。これは、聞き手にスライドをパッと見る時間を作っているわけです。で、その後「 解説 」します。「 このページには何が書かれているかというと… 」「 このページの表の読み方を最初に解説します。 」「 あ、まず、私の説明を聞いてもらっていいですか。 」「 あ、いったん読むのを止めて、このグラフの読み方を聞いて下さい。 」と。いずれも、私が使い続けているセリフです。場面とか相手との関係性に応じて、言葉の選択は変わります。が、おおむね、意図しているのは、そのページの解説です。「 読み手が、勝手に解釈して理解されることを防ぐ 」ことで、理解の時間差を解消します。これができるようになれば、超プロです!読ませない。まず、読み方を解説する!

その❷ 伝わってる?とストレートに聞く

「 ここまでの話、伝わってる? 」と聞いて「 伝わっていません 」と正直に返答する日本人は、ほぼいません。聞くことが目的ではありません。これは、相手の表情などを読み取れる能力が必要です。伝わっていそうな場合は進めます。どーも伝わってなさそうな表情(特に、頬の筋肉)の場合に「 ここまでの話し、伝わってる? 」と聞きます。そんな心情を察したタイミングでのこの質問であれば、典型的日本人でも「 首を横に振って 」くれます。その反応を確かめた上で、伝わってなさそうな部分を改めて説明します。これは「 相手の反応(聞く姿勢、表情、頷き、メモ、頬の筋肉)を見ながらしゃべり続ける 」という技量が求められます。当然、これができるようになれば、超プロです!

その❸ 間違った理解のパターンを説明する

「 今、この様に理解している人は、間違った理解です。 」と「 間違っているパターンを 」わざと説明します。大事なのは「 正解と間違いの両方を示すこと 」です。私が常に使っているのは(○)のパターンと(✕)のパターンの両方を示すこと、です。だいたい、セミナーとか講演とか会議でも「 正解だけを伝えること 」が多いわけです。が、これが間違って伝わっていると、最後まで理解の差が生じ続けます。ので「 よく、この様に、間違って理解される方がいます 」と「 わざと 」間違いのパターンも言ってあげるわけです。いつでも(○)(✕)の対比で説明できる癖を身につけましょう。無意識で、これができるようになれば、超プロです!

電車のトイレを開けたとき、中で女性が座っていた、、、って過去に3回ほど。あのときほど、間が悪いことありませんな。

あわせて読みたい
@ゴリラのWORK | win↔winプレゼンはシナリオで9割! 【保存版】一生使える!TOP❿ビジネススキル&マインド 【|元経営コンサルタントの価値提供】 ✅人財育成コンサルティング✅リーダー育成コンサルティング✅プレゼンコンサ...
あわせて読みたい
PROFILE @ゴリラ|ワクワク思考解放コーチ 魂が喜ぶ生き方 Q:いつまで自分のワクワクを無視して、周りに合わせた生き方をしますか? 「 枠 」に囚われて生きてきたことを知った「 枠 」は「 人の役に立つ個...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次